むくみ症状が引き起こす体への影響

むくみが引き起こす体への影響とは何か。むくみ改善のメリットと、むくみが引き起こす体へのデメリットを紹介します。

私達がむくみを認識し始める症状に「疲れ」「ダルさ」「太る」といった症状が多く見られる。

もう気づき始めたその時には、すでに血液の循環不良とリンパの流れ不良が起きてしまっているのだ。よって、むくみに気づいたその時に、すぐに改善することが大事なのである。

むくみ改善のメリットには、私達の健康を維持するための様々な効果がある。

その一つに、免疫力の向上がある。細菌やウイルスと戦う役割のあるリンバ系の働きを良好に維持し続けることで、免疫の抗体が生まれ健康な体作りが出来るのだ。

そして、脂肪分を蓄積せずに燃焼しやすい体作りも出来る事が言える。血液やリンパ液の流れが悪く、老廃物を蓄積することで、脂肪を溜め込みやすくなってしまう現状がある。しっかりと循環機能を働かせていれば、老廃物を排除し脂肪を溜め込まずにエネルギーとして燃焼出来るのだ。

では、むくみに気づいても放置した場合、またはそれに気づかなかった場合は、体にどんな悪影響をもたらすのか。

むくみを改善せず、そのままの状態を続けると血行障害を引き起こし、体に痺れの症状や、歩行不良などの症状を引き起こす。

血液がうまく流れずに滞ってしまっていることが原因だ。

その他にも血行不良によって新陳代謝の活動が怠り、体全体に充分な酸素や必要な栄養素が行き届かなくなってしまう。

代謝の悪くなった体は、病気をしやすくなったり肌荒れを起こしたり、シワやたるみの原因にもなるのだ。

このように、むくみを放置する事は健康維持を阻止することに繋がるということ。

むくみ初期段階での改善が最も望ましいといえる。

MENU

Copyright (C) アラサー女子ミクのむくみ解消&脚痩せブログ All Rights Reserved.