むくみ症状に深い関わりのあるリンパ液ってなんだ?

脚がむくむ現象の原因は、脚に水分が溜まるからである。これは、リンパ液が影響しているからである。では何故、水分が溜まってしまうか?リンパ液の影響とは何か?そのメカニズムを解説します。

私達の体内では、常に血液循環が働いている。血液は心臓を中心に体全体に巡る仕組みになっており、大循環と小循環を通って運ばれている。

血液が体内を巡る為に、心臓から体の隅々に血液を送り届ける動脈と、その血液をまた心臓に戻す静脈が存在する。

これらを巡る血液は、心臓がポンプの役割となって循環させている。

また、このような血管の他にも、私達の体には「リンパ管」が体全身に広がっている。

体中に張り巡らされた毛細血管から、血球を除く血液の液体成分が管から染み出し細胞間を満たし、組織液となっている。組織液の約90%は静脈に吸収されるが、残りの約10%はリンパ管に吸収されている。

このリンパ管に吸収された組織液の事を「リンパ液」という。これもまた、私達の体内を常に循環し続けている。

組織液には栄養を直接細胞に届ける働きと、不要な老廃物を排除する2つの働きがある。

そして、リンパ液には体内に侵入した細菌やウイルスなどを攻撃し除去する働きと、体内の余分な水分や老廃物を体外に排出する2つの働きがある。

これらのリンパを流す機能には、心臓のようなポンプがない。しかし、ポンプの役割と同様な弁の役割が体には備わっている。

これらの様々な体内循環が「むくみ」と深く関わっており、この循環が正常に機能していない状態が「むくみ」を引き起こしているのだ。

体内の血液循環とリンパの流れが劣ることで、余分な水分や老廃物が溜まり蓄積されて、脚のむくみとなってあらわれるのだ。

MENU

Copyright (C) アラサー女子ミクのむくみ解消&脚痩せブログ All Rights Reserved.